スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心拍は大事!!らしい・・・ (-∀-)

どーもー!!!




いよいよ9月も最後になり、10月になりますが風邪なんか引いていませんか?
うちの会社でも風邪を引いて休んでたり、現場で仕事してたと思ったら
「調子悪いんで休んでて良いですか?」とか言ってくるのがいたり・・・・









気合いが足りないんじゃぁーーー!!!!!!!ε=ε=(怒゚Д゚)ノ





なぁーんて言ったら明日から来なくなっちゃたりwww
パワハラとか言われちゃうんですかね?(;´д`)トホホ…



さて本題へ

昨日も書いたのですが、これからは夜練で山の方に行きにくくなってきたので
近場の場所で練習をしようと思うのですが・・・
平坦路の為登坂ほど負荷が掛けられません(*`^´)=3

そこで初心者には関係ないかなぁ・・・って思っていた。
『心拍計』を使って効率良くスポーツ(ロードバイク)をしてみようと思います。



まず始めるにあたって最低限の知識が必要です。
私自身も初心者の為グー○ル先生での知識の為間違った文面、内容等があるかもしれません。
間違いが有ればご指摘して頂けると助かります。

2015/9/30 a


ではでは


まず『心拍数』とは

心拍数(しんぱくすう、英語 heart rate)とは、一定の時間内に心臓が拍動する回数をいう。通常は1分間の拍動の数(bpm、beats per minute)をいう。また、心臓が血液を送り出す際には、動脈に拍動が生じるので、この回数を脈拍数(みゃくはくすう)あるいは単に脈拍という。    ※ウィキペディアより抜粋



『最大心拍数』

最大心拍数とは(拍動が最も速くなった場合の限界値的な心拍数)は、年齢が高くなるほど下がる傾向があり、一般的に成人では「220-年齢数」程度、高齢者や低体力者では「215-年齢数」であるといわれる。   ※ウィキペディアより抜粋



らしいですwww

って事は・・・・


私は33歳(11月で34ですけど・・)なので最大心拍数は『220-33=187』って事になりますね。


次は 運動の種類に入ります。
大きく分けてこの2種類!

『有酸素運動』

『無酸素運動』


有酸素運動と無酸素運動の違いは肉体改造研究所様の方に詳しく、分かりやすく書いてありますのでご参照下さい。


私の目的としてはダイエットが主の目的ですので『有酸素運動』が当てはまりますねwww

では有酸素運動って何すれば良いの?ってなるんですが・・・
大概の方は「有酸素運動って肩で息しないぐらいだよ」って言われる方が多いのですが
そのアバウト感を心拍の数値でみて管理しよう!!って話になるんです。

一般的には有酸素運動は『最大心拍数の85%未満』
とされています。

なので最大心拍数×0・85(85%)=有酸素運動上限値の心拍数

って事になりますね(* ´ ▽ ` *)


しかし『有酸素運動』でも脂肪燃焼を目的とすると40%~65%が良いとされているらしく
まぁ・・・さすがに40%はあれとしてもw
60%ぐらいを下限値として計算してみましょう。


最大心拍数×0・60(60%)=有酸素運動下限値の心拍数



ふむふむ・・・って事は私の場合は有酸素運動の上限値は158.95

                               下限値は112.2


この間で運動するとダイエットには良いらしいです。
自分で試してどんな感じか今後書いていきたいと思います。

ちなみに、まだまだ心拍について書きたい事がありますが・・・・・長くなってきたので今日はここまで



ダイエットの励みwになりますのでポチっとバナーお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。