スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わ、和田さん・・・


どーもー!!!


先週の土曜は皆さんのログやらtwitterやらを見てたら楽しすぎて
仕事どころじゃなかった、まいんずです。ミ☆⌒ヽ(*゚ロ゚)ノ


かくゆう私は日曜日も仕事・・・


しかし・・・


2時間程度で終わる仕事だった為載せて逝きましたよ!!


軽トラックに自転車www



三浦半島 7




しかも社長と一緒なのに現場解散wwwww


片づけは社長に任せちゃった (∩・∀・)∩ キャー



現場は高尾にほど近い『めじろ台』からスタートです!!

私の勝手な勘違いで現場は羽田の方と勘違いしておりまして
羽田から帰るルートを考えていた為どこに逝こうかもきまっておりませんでしたwww

しかも夕方から予定が入っている為15:00帰宅は必須!!



まぁ 高尾が近いし桜も良い頃なので桜鑑賞ライドだな!!と決めて走り始めます!!

この前逝った『都民の森』を登って降りて時間を見ながら
牧馬やら宮ケ瀬を経由して帰ろうと計画!!



めじろ台から47号線を北上。高尾駅を目指します。

国道20号線を跨ぎ61号線へと進み。

軽いアップダウンを超えていくと左に『八王子霊園』、右に『東京霊園』。


本当ならばそのまま北上し『武蔵五日市駅』にぶつかる32号線を目指しておりましたが

ふと看板に目をやると『左折 陣馬街道』の文字が・・・



ほほー・・・




怖さを知らない私は左折。


陣馬街道(512号線)を西へ進みます!!



車通りも多くなくあからさまに山に向かって逝く感じ・・・

ワクワクですwwww



やたらテニスコートが多かったのは印象的。

あとは規模の大きなマス釣り場がありましたが写真も撮らずスルー・・・






だってトイレに逝きたかったですwwww


きっとこんな感じの道ならトイレがあるはず!!と勝手に決めつけて先を急ぎます!!




やはりありましたよ!!

『夕やけ小やけ ふれあいの里』


サクッとラックに自転車をかけてトイレへ・・・



20160411 a

 
スッキリしたので写真をパチリ☆

20160411 b


少し遅い時間でしたがローディさん達も何人かいましたよ (´∀`*)ウフフ


時間の制約もあるので先に進みましょう。


そのまま521号線を進んでいくと看板が・・・


『陣馬高原 (和田峠) 左折』


ふむ・・・なんか聞いた事があるな・・・


って事で左折www



見た事がある風景が


20140411 c
(画像は拾いです。)



はっ!!っと気づいた時には遅く橋を渡ってしまいました・・・



いきなり10%超える坂が・・・



前には何人かのローディーが・・・




心構えも無く『和田峠』とバトル・・・



果たして足つき無しで登れるのか・・・




今更、足を着いてスペックを調べる気にもならない・・・




有名なブロガーさん達の記事を思い出そうとしても急斜度で考えられない・・・




何人かの方をパスするも追いつかれたら恥ずかしい・・・



だからフンフンするwww




斜度が緩くなる所が来ない・・・




きっと休憩ポイントが来ると信じるが来ない・・・





ふとカーブの先を見ると・・・


20160411 e
(拾いです。)



おぉー!!一瞬終わりの距離が見えて安堵・・・



しかし・・・それは一瞬・・・・




えぇーあと2kmもあんの!!Σ(゚Д゚;)ゲゲッ




コークスクリューのような坂・・・




心が折れそうになるも踏ん張る!!











無事登頂!!


20160411 f



ここで休憩。

20160411 g


和田峠のスペック紹介。

strava セグメント 『和田峠 3.6km 平均斜度 9.9%』


距離こそ無いものの、斜度はキツイ!!
個人的には、あまり好きではないかなwww



あとは藤野の方へダウンヒル。



途中『甲武トンネル』の文字が見えたが時間の関係上スルーで・・・


桜はなかなか綺麗でしたよ♪

20160411 h




20160411 i




20160411 j




20160411 k



この頃の私は。



あんな事件が起きるとは・・・




まだ知らなかった。





次回『おそらく日本初!!○○に○○かって初めての○○・・・』




少しでも気になったらポチッとお願いします。


にほんブログ村


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。